復縁後の3ヶ月間を乗り切る

一度別れてしまった二人が再び復縁をするのは、別れている時の冷却期間に自分を見つめ直し、相手の大切さを感じる事ができたからと言えます。

しかし、復縁をした際、相手とどうやって接したら良いのか。なんだか、今までの雰囲気と違う空気を感じて不安になってしまう。など、戸惑いが起こってしまうカップルは少なくありません。

特に復縁後から3カ月程度はこのように感じる人が多いのです。逆に言えば、3か月を乗り切る事が出来れば、安定をした気持ちで昔のような関係に戻る事が出来るのです。

この3カ月を乗り切るためにはどのような事に注意をしたら良いのでしょうか?
まず、別れた原因を見つめ直す事です。喧嘩が絶えなくて別れを切りだされてしまった場合、復縁後に同じ事を繰り返してはいけません。
感情的になってしまう事もありますが、繰り返さない努力。これが大切なのです。

次に、付き合ったばかりの頃には戻れない事を知ることです。無事に復縁が出来たと有頂天になり、相手に多くを求めてしまうと相手の負担になってしまう事があります。
特に男性は気持ちの切り替えに時間を要しますので、焦らずに寄り添う事が大切です。

復縁をしたけど、幸せと感じない。そんな人は意外と多いものです。しかし、この3ヶ月間を乗り切ることで、お互いがお互いを必要としていた頃に戻る事が出来ます。

もし、こういった不安な気持ちになった場合はプロに相談をする事をお勧めします。経験豊かなスタッフが的確にアドバイスを行い悩みの根源を解決します。

いつまでも相手を大切にする

無事復縁が出来た後、お互いに相手を大切にする事がいつまでも出来たら、その二人には、辛い別れは二度と訪れません。
では、相手を大切にし続けるにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは永遠に仲の良い二人でいる為のコツをご紹介します。

・同じ理由の喧嘩はしない
喧嘩の原因は様々ありますが、同じ事で何度も喧嘩をしていては進展を見込む事は難しいでしょう。
また、「お酒を飲まないで」と言ったような、相手を抑制するような喧嘩も良くありません。
喧嘩をする時にはしっかりと話し合いを行い、お互いの意見を聞いて解決策を導き出す事が重要なのです。

・本音の話をする機会を設ける
復縁をした後、また別れる事になるかも・・と思い、自分の意見を言わなくなる人が言いますが、これはストレスが溜まってしまいますし相手も不安になってしまいます。
お互いに話をする機会を増やす事で、信頼関係を築く事が出来ます。

・過去を振り返らない
ギャンブルが原因で一度別れてしまった。浮気癖が原因で別れてしまった。このような場合、復縁をした後でも同じ事を繰り返しているのでは?と思い、相手に注意喚起をしてしまう事があります。しかし、別れている期間に自分を見つめ直し成長をしているかもしれません。
復縁をした際には、新たな気持ちでスタートをしたと思い、過去の事を引きづるような事をしないようにしましょう。

相手に不満や不安をぶつけるばかりではなく、復縁調査会社はアフターサポートも充実をしていますので、是非ご相談を

自分にとって、大切なことと、相手の大切さをきちんと考える

復縁をしたカップルは一定の期間を経過すると長続きをする傾向があります。これは一度別れという辛い難所を乗り越え、同じ事を繰り返さないようにとお互いに感じるからです。

別れている間、自分にとって相手がどのくらい大切だったのかを感じ、自分に足りなかった点を反省する。こういった事が出来ると復縁をした後にうまくいく可能性が高いと言われています。

また、復縁をした後も常に相手を大切に思う気持ちを忘れないという点も大事な事です。

例えば、喧嘩をする時に相手に相手を大切にすることが出来ているかどうかが顕著に表れます。喧嘩をすること自体が悪いわけではありません。自分の思っている事を相手に伝える事が出来るという点では利点もあります。しかし、時間が経過をすると話の論点が変わってしまう事も多く暗い雰囲気が続いてしまいます。
また、喧嘩をしている最中は相手にとって不快に感じる言葉を言ってしまいがちです。本当は思っていない事でもつい言ってしまうという事もあるでしょう。
さらには、どちらが正しいとかどちらが勝ったというような、優劣をつけたくなってしまう事もあります。こういった行為は自分が優位な立場に立ちたいという表れです。

相手を思っていれば、こういった事にはならないでしょう。

喧嘩をする時には自分の不満ばかりを相手に伝えるのでは無く、自分自身を見つめ直す機会と感じ、お互いにカバーをするにはどうしたら良いのかを考える事が大切です。

また、不満を相手にぶつけてしまいそうになったら、専門家に相談をするのもお勧めです。

相手を尊重する

好きな人が再び自分の所へ戻ってくる。復縁は一方的に出来る事ではありませんのでとても嬉しい気持ちになりますよね。

しかし、あまりにも嬉しいからと言って相手を束縛したり、相手のプライバシーに入り込んだりしては行けません。
例えば、相手の携帯メールをチェック・頻繁なメール送信・友人との交遊の制限などがあります。
こういった行為は、相手にとってストレスや不満、重荷となって蓄積されてしまう可能性が非常に高いのです。

突然話し合いも無く振られてしまった場合、自分の非がわからない・・・。そんな人も少なくありません。様々なケースがありますが、冷却期間を過ぎて復縁をしたけど結局別れてしまった。こんな場合、相手を尊重する点が欠けていた可能性があります。

無事に復縁が出来た時には、相手と冷静に話し合う事が大切です。何が原因だったかを知る事で、反省をする事が出来ますし成長をする事が出来ます。
「こんなに好きなんだからいいじゃない!」こう言った自分よりの考えは、よくありません。
お互いに相手を尊重しあう事が、良い関係になるポイントになります。
相手の良い点をたくさん見つけ、嬉しい事をしてもらったら「ありがとう」を忘れず、常に相手がいる事を嬉しいと思う事が大切です。

復縁をしたカップルは一度辛い別れを経験し、乗り越えた人たちです。相手を尊重する事さえできれば、一生お互いにパートナーとしてうまくいくでしょう。もし、復縁後に不安な事があれば、専門家に相談をする事によって解決することができますので、気軽に相談をしましょう。