復縁したいなら、癖を変える

あなたは自分の癖を把握していますか?
癖はその人の特徴そのものですが、
恋人達の別れの大きな要因になる事が多いのです。
始めは目をつぶっていられても、次第に癖は目についてきます。
少しずつ違和感が蓄積され、ある日突然その癖を受け付けられなくなってしまうのです。

癖と言っても、色々なタイプがありますよね。
時間にルーズであったり、浪費癖や酒癖など目につきやすい物もあれば、すぐに白黒つけようとしたり、物事の裏を勘ぐってしまうといった目には見えない考え方の癖もあります。
浪費癖や酒癖などは自分でも認識しやすく直すための努力もしていけますが、考え方の癖は当人は指摘してもらわないとなかなか気づけないのです。
厄介なのが、その考え方の癖が復縁したいあなたにとって大きな障害になってしまうという事です。
復縁したいのならば、考え方の癖を根本的に変える必要があるのです。

それではなぜ考え方の癖を変える事が難しいのでしょうか?
それは、考え方の癖はあなたの生き方そのものだからです。
価値観や判断基準など全てが癖に影響しています。
自分の中で当たり前の事は相手にとって当たり前ではなく、自分の中のこれくらいは相手にとってもこんなにもなのです。
元恋人にも同じように癖があります。
あなたは元恋人の考え方の癖を理解して、それに合わせていく必要があるのです。

ですが、自分の考え方の癖を把握する事は一人では出来ません。
また、相手の考え方の癖も正確に見極める必要もあります。
自分一人で癖を変えてしまうと、さらに変な癖が身についたり、実際の所全然変わってないという危険性があります。
本質的に変わってない状態でアプローチすると確実に嫌われてしまうでしょう。
復縁したいのなら、復縁のプロの圧倒的な分析力や実績に後押しされた間違いのない判断力がどうしても必要なのです。

復縁したいなら、言動を変える

外見を変える事は、相手の印象を良くするために非常に有効ですが、それだけでは復縁はできません。
内面もしっかり改革していかなければただの見かけ倒しの中身のない人間になってしまいます。
相手に「やっぱり変わってなかった」と失望されてしまうでしょう。

内面を変えるためには、言動を変えていかなければなりません。
心は言葉に宿り、言葉は行動を変え、行動が心を変えるのです。
心と言葉と行動は深く影響しあっているんですね。

言動を変える時のポイントは相手の視点に立つという事です。
言葉や行動の受け取り方は人それぞれ違います。
自分にとってはどうってことない事でも、相手にとっては傷付いたり腹立たしく感じてしまう事もたくさんあります。
復縁したいのならば、元恋人がどのようにあなたの言動を受け取っているのかを考える必要があるのです。
あなたが無意識に発していた言葉や良かれと思ってした事が元恋人にとっては不満を溜め込む要因になってしまっていたのかもしれないのです。
もしくは、言葉のすれ違いで誤解が少しずつ蓄積されてしまったのかもしれません。

これからは相手の立場に立ってみて、自分の気持ちを「伝える」言動から、「伝わる」言動に改革していきましょう。
大切なのは伝える事ではなく、正確に伝わる事なのです。
相手の気持ちを汲み取って、思いやりを伝わる言動で示していかなければなりません。

しかし、伝える言動は出来ても、伝わる言動は自分一人では分かりませんよね。
相手に伝わっているかどうか、ちゃんと気持ちを汲み取れているかどうか正確に判断してくれる人が必要になります。
友達や家族同士だと似た考えを持っているので正確には判定できません。
復縁したい気持ちを叶えるなら、復縁のプロの助けを借りる事がどうしても必要になってくる時があるのです。
今がまさにその時だと言えるでしょう。