復縁したいなら、自分の問題なら、自分の何がそうさせたか、素直に把握する

愛する人から別れを告げられたとき、多くの方が嘆き悲しみます。
そして、ひたすら悲しんだ後には、相手に対して恨みを持つこともあります。
『こんなに尽くしてきたのに、どうして・・・』
『あんなにプレゼントをたくさん贈ったのに・・・』など、相手を責める気持ちが湧いてくるのです。

これらは自然な感情であり、このように感じるのも仕方がないことではありますが、できることなら恨みや憎しみが湧かない方が良いですよね。。
それに、もし別れた相手と復縁したいのであれば、相手を責めるばかりだと復縁が難しくなってしまいます
復縁を成功させるために大切なことは、自分の何がいけなかったのか?を冷静に考えていくことです。
相手がなぜ別れを告げたのか・・・その人なりの考えや気持ちがあってのことです。
そこを考えていくことで、相手に対する恨みや憎しみも自然に薄らいでいくことでしょう。

自分のこんなところが悪かったのもしれない、
あの時ひどいことを言ったから・・・
など、自分自身の言動に反省すべき点を見つけられたなら、復縁に向けてはじめの一歩を踏み出したことになります。
しかし、復縁したいという気持ちがありながらも、どうしても相手を責める気持ちを消すことができないという場合には、復縁の専門家相談することをお勧めします。
深く傷ついた気持ち、相手に対する憎しみ、もう一度やり直したいという想い・・・これらを正直に打ち明けることで、冷静さを取り戻していくことができます。
直接会って話すことに抵抗があるなら電話でも大丈夫です。
自分自身を見つめ直すために、そして復縁を成功させるために、まずは胸の内を打ち明けてみてください。

Leave a reply

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud